正しいマキネッタの使い方 コーヒーについて2

コーヒーについて

どうも、マウロスカルニケです。


『 直火式エスプレッソ』 という珍妙なお名前がついたこの器具。

コーヒーブームと言われる昨今、いや、かなり昔からコーヒーの特集を組む本等で度々とりざたされるも、イマイチ浸透しない、オシャレな器具。

構造はシンプル、少し野暮ったい佇まいには、コーヒー好きな人やキッチングッズ好きな人を引き付ける何かが十分にありますが、日常的に使っている人は少ないのでは?

ハンドドリップについてはかなり詳しく紹介してくれている本が多数出ていますので、

スキマ需要を狙い、マウロスカルニケは今回、この『マキネッタ』 の使い方をハウツーしようと思います。

スポンサーリンク

エスプレッソなのか?

さて、まずはこのマキネッタ、直火式エスプレッソと銘打っていますが、実際出来上がるコーヒーは

カフェで出てくるあのエスプレッソとは少し雰囲気が異なります。

抽出の原理はほぼ一緒なのですが、機械式とは違い、内部の気圧がそれほど高くならないのであのトロリとした食感や、美しいクレマ(上に残るあの美しい茶色の泡 )等は期待できません。

ざっくり表現すると、ろ過されていない濃いコーヒーが手軽に出来上がる器具です。

エスプレッソ用に豆を細かく挽いて、きっちり詰めて抽出すれば、それなりにクレマも出来てエスプレッソに近いものは出来上がりますが、器具のスペック的にあまりおすすめはしません。

繰り返しになりますが、 ろ過されていない濃いコーヒーが手軽に出来上がる器具 という認識で使う方が良いかと思います。

ハンドドリップで丁寧に抽出した繊細なコーヒーの味は表現できませんが、油分を含んだ不透明な、力強い味は、これはこれでこの器具でしか出せないコーヒーの魅力があると思います。

スポンサーリンク

各パーツの名称

当ブログ内では各パーツの名称を分かりやすく下記のように表記します。

サーバー 抽出されたコーヒー液が溜まるパーツです
フィルター・パッキン
ホッパー 挽いたコーヒー粉を入れるパーツです
タンク 水を入れるパーツです
バルブ 内部気圧を調節するパーツです
スポンサーリンク

使用するコーヒー豆は?

今回は3人用のマキネッタの使用方法を。1人~2人分を想定するならば1番このサイズが使いやすいです。

 

まずは豆を挽きます。お手持ちのミルでいちばん細かく挽きましょう。豆の量は コーヒーの計量カップで1.5杯分、15~18gくらいです。

ミルをお持ちでない場合はお店で細かく挽いてもらいましょう。スーパーで売っている粉でも抽出できます。

ドリップ用の挽き方の物を使えば勿論薄くはなりますが、抽出は可能です。

深煎りの物でも浅煎りの物でも大丈夫。

少し前までは、エスプレッソ=深煎りの豆が定番でしたが、最近では中深煎りやかなり浅めの焙煎度合いの豆を使ってエスプレッソを出してくれるお店もありますので、色々試してみるのも面白いと思います。   

浅煎りは酸味が出ますし、深煎りは苦みが出ます。

浅煎りは香りが立ちますし、深煎りはコクが出ます。

浅煎りはミルクと合わせると酸味が甘味に変わります。深煎りはミルクと合わせるとチョコレートのようなまろやかさが出ます。

乱暴な、ざっくりとした表現になりますが…

マウロスカルニケは大体いつも深煎り1杯と中深煎り0.5杯を混ぜて淹れてます。めんどくさいときはどちらか1種類で淹れます。

先ずはあるもので実践してみましょう。

 

スポンサーリンク

抽出方法 蓋は必ず閉めましょう。

タンクに水を入れます。バルブの少し下まで。

このバルブは内部の気圧が上がりすぎたときに蒸気を逃がすための物なので、くれぐれもお湯を入れすぎて、塞いでしまわないようにしましょう。説明書にも書いてあります。

コンロに網をセットします。これがないとほとんどのコンロに乗りません。写真の物は純正の物で、確か1000円もしなかったと思いますが、100円ショップ等で売っている、お餅を焼く網などでも代用可能です。


エスプレッソメーカー 直火用 サポートリング 丸型 9802


Ilsa(イルサ) ガスバーナープレートφ12cm エスプレッソメーカー用アダプター ILSCOK250GRS




ホッパーに粉を詰めていきます。上記のサイズと分量だと指で押し込みながらやると丁度良いくらいの量になります。

指で軽く押し込んで、最終的にこれくらいが理想

あんまり張り切ってぎゅうぎゅう詰めにすると、バルブからびっくりするような甲高い音が出ますので程ほどに。

けっこうびっくりします。

 

粉を詰めたらホッパーをタンクにセットして、サーバーを装着します。ねじ込んできちんと締めましょう。

ここが緩いと間からコーヒーが噴出して危険です。コンロも汚れますし。


網の上にマキネッタを置いて火を点けます。

強火にすると持ち手が溶けてしまいますのでご注意を。

5分弱で内部の気圧が上がって、抽出がはじまります。



ここで注意したいのは、蓋を閉じておく事です。

本やパソコンの画像を見ると、抽出の様子を伝えるために蓋が開いている画像が出てきますが、
閉じておかないと抽出の最後にコーヒーが噴出します。

危険です。必ず閉じましょう。

ごぼごぼと音がしますので、すぐに火から下ろしてカップに注ぎましょう。そのままにするとすぐに沸騰して味が悪くなります。

沸騰してしまったコーヒーは本当に独特の苦みと胸に張り付くようなえぐみと臭いが出ます。

経験のために一度やってみるのも面白いですが、あまりお勧めしません。もったいないですし。

注ぎ終わったらマキネッタを水で冷やします。やけどに注意です。
なるべく早く洗いましょう。

抽出の様子。蓋は必ず閉めましょう。

 

スポンサーリンク

抽出後のお手入れ

「洗剤をつけて洗うと、器具についたコーヒーの風味が落ちてしまうので、洗剤は使わないように…」 などと言う注意書きを目にすることがありますが、きちんと洗いましょう。

きっと使い始めの金属臭をとる為にこういう方法もありますよ、というニュアンスだったものが、どこかで少し誤解があったのかもしれません。

又は連続して使ったりするときは水又はお湯で軽く洗うくらいで…と言う意味だったのかもしれません。

しかし、

調理器具は清潔に保つ。

これはもう、基本中の基本です。器具に残ったコーヒーの風味なんて、酸化したただの汚れです。清潔な器具で、美味しく安全なコーヒーを楽しんでください。


パッキンのゴムの所にコーヒーが残りやすいのでそこは丁寧に。きちんとすすげば洗剤で普通に洗ってOKです。

もし、どうしても洗剤臭が気になるようならば、

洗った後にコーヒー豆を入れずに上記の手順を踏めば、万が一洗剤が残っていてもお湯が通るのできれいになります。

フィルター・パッキンは古くなったら買い替えましょう。

パーツ交換のやり方はこちら


BIALETTI パッキン&フィルターセット 白 シルバー 3カップ用 部品 モカ エキスプレス


モカ・パッキン3個セット (3-4カップ用/ブリッカ2カップ兼用)

注意点は細かく挽いた豆を詰めすぎないことと、各パーツをしっかり装着すること、やけどをしない事。

 

以上、長々と書きましたが、手順に慣れれば5分くらいで抽出できます。 


Kalita(カリタ) BIALETTIビアレッティ エスプレッソコーヒー器具 モカエキスプレス3 53003

 

スポンサーリンク

終盤になんですが…

そして、終盤でお伝えするのもなんですが、マウロスカルニケはマキネッタで淹れたコーヒーは必ずミルクと合わせて飲みます。ここまで書いておいてなんですが…

 

ストレートで飲むならばやはりペーパードリップで丁寧に淹れたコーヒーに限ります。

しかし、カフェオレが飲みたい時はマキネッタ。本当に便利です。

ちなみにカフェオレはミルクとコーヒー、カフェラテはエスプレッソとスチームドミルク、が定説です。マウロスカルニケはこのコーヒーをエスプレッソとは認識していないので、あえてカフェオレと表記します。

ミルクと合わせるコツとしましては、ホットならば、ミルクをあまり温め過ぎないこと。

ミルクティーや、その他牛乳と合わせる飲み物は基本的に少しぬるめの温度で提供します。理由は熱々だと、ミルクの味も風味も分からなくなるからです。

アイスならば、コップに氷を多めに、ミルクを先に入れて、コーヒーは氷に当てながらゆっくり入れます。

見た目が層になって美しいのと、コップに直接熱いコーヒーがあたると破損の恐れがあるからです。

スポンサーリンク

おまけのけ

みんな知っているようであまり知られていませんが、パック入りのミルクは必ず振ってから注ぎましょう。牛乳の成分は沈殿するそうで、実際やってみたら明らかに味が違いました。

まだ試したことのない方は是非。

カフェオレが簡単に家で淹れられると、コーヒーライフがまた一段と楽しくなります。

 

イタリアのご家庭には必ず1つはあると言ってよい程普及しているらしいマキネッタ。

使い慣れると本当に便利です。

ただし、構造上本体が熱くなり、出来上がりのコーヒーは少し煮詰まった感じになってしまいます。(それをなるべく避けるため、先ほども書きましたがごぼごぼと音がしたらすぐにカップに注ぎましょう)

マウロスカルニケはサーバーに少量の水を入れてみたりして、工夫をしてみましたが、あまり効果はありませんでした。

ノズルがついて、そのままカップに抽出できるタイプもあるので、そちらの方が美味しく淹れられるかもしれません。


BIALETTI ミニエキスプレス 2カップ シルバー 約8×13×16cm

ノズル式のレビューはこちら

時間があるときにはゆっくりペーパードリップで淹れるもよし、時間がない朝なんかはマキネッタで、と、使い分けてご自宅コーヒーライフを楽しんではいかがでしょうか?

 こんなに便利なものを、オシャレな飾り物にしておくのはおしゃれじゃないですよ。

ではでは。

 

 

タイトルとURLをコピーしました